『赤い花白い花』の歌詞にまつわる裏話

『赤い花白い花』の1番の歌詞は元々は
  ♪赤い花つんで あの娘(こ)にあげよう
  ♪あの娘(こ)の髪に この花さしてあげよう
だったそうです。
それが人から人へと伝わっていくうちに変わった
わけですね。
つまり『赤い花白い花』は
「男の人が赤い花をつんで女の人の髪にさしてあげて
女の人が白い花をつんで男の人の胸にさしてあげる」
という歌なんですね。
男の人が赤い花を髪にさすのは変ですが、
白い花を胸にさすのは変ではないですよね。
芹洋子さんの『赤い花白い花』の3番の歌詞が
  ♪赤い花ゆれる あの娘の髪に
となっているのには、そんな理由があったわけです。


                    トップページへ