芹洋子さんの『赤い花白い花』3番の歌詞の話

芹洋子さんの『赤い花白い花』3番の歌詞は
当時の芹洋子さんの担当ディレクター井口良佐(いぐち りょうすけ)さんの
依頼を受けて中林三恵さんが自ら作ったそうです。
その井口良佐さんが1976年10月22日(金)中林三恵さん宛に出された
依頼の手紙(コピー)を中林三恵さんよりいただきました。
依頼を受けた中林三恵さんは電話で歌詞を伝えたそうです。
それにしても、レコーディングの1週間前の依頼だったとはビックリですよね。
そしてもしかしたら、芹洋子さんの『赤い花白い花』3番の歌詞は
  ♪黄色い花はつまずに 蝶々のためにとっておこう
  ♪黄色い花はつまずに 小鳥のためにとっておこう
  ♪黄色い花その花は みんなの心に咲いて
  ♪咲いてゆれるだろう お星さまのように

  ♪お星さまのように

だったかも知れないのです。
井口良佐さんは、このページの作成時(2001年)に
キングレコードM&P制作部にいらっしゃいました。
キングレコード宛にメールを出したところ、後日

御本人から返信が届き、
当サイトに手紙の内容を掲載する許可を得る事が出来ました。

前略

私、キングレコードで芹洋子のディレクターをしております。

突然の手紙おゆるしください。

弊社で出ております「いっしょに歌って第二集」に入っている「赤い花白い花」

大変好い曲で、芹洋子もステージでレパートリーとして歌っております。

今回、彼女で吹込を考えておりますが、3番の歌詞が

ちょっと気になっています。聞く所によりますと中林さんの詞ではない

と言う事。出来ましたら中林さんに至急3番の詞を

作っていただきたく手紙を書きました。

現在の詞はちょっと子供っぽすぎますので、

もう少し恋のムードがよいのではないかと思っております。

29日に歌を入れる予定になっておりますので、

申しわけありませんが至急お願い致します。

細かい事お話し度、電話をいただければ幸いです。

こちらからかけたいのですが番号がわかりません。

私、なかなか席におりませんので電話に出た人に番号を

伝えておいて下さい。とにかく至急連絡がとりたいのです。

よろしくお願いいたします。

               キングレコード 03(945)2111

                             草々

                      井口良佐


                           トップページへ